Vol.53 心が先、体は後

こんにちは一平ちゃん先生です。

今回は心が先、体は後というお話をさせていただきます。

心が先、体は後




僕は治療家として理学療法をしていました。リハビリの先生ですね。

それから独立して自分で整体をやろうという頃、10年くらい前に真我という言葉を初めて知りました。今で言うハイアーセルフですね。

その真我を勉強しにセミナーに行ってたんですよね。そこの講師の先生が言われてた言葉が「体は心の結晶」だったかな?ちょっとその辺の語尾が曖昧なんですが。結晶であるということ言ってたんですね。

それが僕的に言うと「心が先で体は後」ということなんですけど。

実際治療していて腰痛の人が来たり、美容整体もしていたので小顔目的の人が来たり、姿勢を良くしたいとかそういう人が来られます。

実際のところその勝負の分かれ目というのは本当心なんですよね。

もうちょっと具体的に言うと考え方です。マインドセットなんですね。

体のことをどういうふうに捉えているか、どういうふうに考えているか、どういうふうに労っているか。日々どういうことを意識しているかというのが一番大事なんですよ。

痛みに対する捉え方




例えば痛みに関してはすごく分かりやすいんですけど、西洋医学では痛いのは悪いことだというふうに教えられているんですね。

だから痛み止めを飲みましょうという単純な対処療法になるわけですけども。

痛みというのは本来は体から発信されているお知らせなわけですね。そういう使い方したら危ないよーとかね、そこに負担がかかってるよっていう合図として痛みというのは存在してるんですね。

まあそう考えたらありがたいですよね。痛みがなかったらどこが悪くなっているのかも分からないわけだから。痛みがあるからこそ健康なわけですよね。

今2つの考え方がありましたよね。痛みは悪いもの、痛みというのありがたいなという考え方がありましたね。

これがまさに心が先っていうことなんですよね。

痛みに対してありがたいなって、体守ってくれてたんやなっていうふうに思うと勝手に治っとるわけですね。知らんうちにね。不思議なもんで。体は後なんですよね。

心の在り方が大事




小顔も一緒です。以前ルッキズムの話しをしましたけど、周りと比較して私はブスだ、私はダメだと言ってコンプレックスを解消しようと思って始めたことは本当に結果が出ないです。

逆に小顔になれる人は若々しくなったら嬉しい、これからの人生楽しく生きれそうだ、これでハッピーになれそうと言って楽しむ。そういう気持ちで行動を起こしてる人っていうのはもうめちゃめちゃ変わります。

実際こっちは同じことやっているんですよ。同じ施術をやってるんだけど、心の在りようで全く結果が違うんですよね。

だから僕はそれを追求しようと思って潜在意識っていうものを研究し始めたんですけど、要はこちらがどれだけ施術をしても本人のマインドが変わってなかったら何も変わらないっていうことなんですよね。

それはそうなんですよ、だってその本人が思考を現実化させていますから。その人が私の体はダメなんだ、腰が悪いやつなんだ、何でこんなに痛いんだ、私は被害者だと思っていたらそれ治るはずないんです。それが現実化するわけだから。

私はブスだ、私はどうしようもないんだ、私は生きてちゃダメなんだ、私はダメな人間なんだと思ってたらそらそういう顔になるじゃないですか。思考は現実化するんだからこっちがなんぼ施術しても変わりませんやんか。

本人が自分のことをブスだと思っていたらそのブスだと思っているのが現実化するわけじゃないですか。そら変わんないですよね。分かってしまえば当たり前だったんですけど、それか心が先体は後だっていうことなんですね。

自分の体は自分じゃない


もうひとつ詳しくお伝えしたかったところが、自分の身体を自分だと思ってるんですね。

自分の肉体が滅びることが死の恐怖ですよね。自分がなくなる、自分が死ぬというのはいわゆる肉体が滅びることを言ってるわけじゃないですか。

でも実際はあなた本体は意識でしかないんですね。そしてこの体っていうのも実は外の世界なんですよ。

外の世界って言ったら他人様のような気がしますよね。自分という存在がいて他人の事を外の世界だと思うじゃないですか。

でも一番身近な外の世界っていうのは自分の肉体なんですね。僕も気づくのに時間がかかりましたし、少し難しいかもしれませんがそうなんです。

よく自分を許せば他人も許せると言いますよね。そらそうなんですよ。自分と言う存在ですが外の世界なので。

何が言いたいのかというと、すべては波動エネルギーだという観点に立つと当然自分の思考・考え方・価値観が変われば1番身近な1番近い外の世界である肉体っていうのはすぐに変化するわけですね。

は「ありがとうとずっと言っていたらガンが治った」とか話を聞いたら「すげーな!ガン治った人いるよ」と思っていました。

あなたが持っている感情があなたの体を作っている


でも今となっては「そらそうやろ」という感じです。当たり前の話なんですよね。だってあなたの心が結晶が肉体なんだから、あなたの心が感謝で満たされたら安らかで体も正常に動くでしょう。

腰痛などの痛みにしても、美容で綺麗になろうとか小顔になろうとか姿勢良くしようとかそういうフィジカル的なこと全部を含めて、悩んでいるのであれば、まずは心のあり方だったりとかその体に対する見方捉え方っていうものを内観されたらいいのかなという風に思います。

自分が痛みに対してどういう価値観を持ってるのか自分の体に対してどういう感情を持っているのか。それがあなたの体を作ってるわけで、それで思考は現実化するんです。

あなたが体に対して捉えていることが現実化するわけじゃないですか。そうですよね。

心が先、体は後って10年前から言ってるんですが、ずっと発信しているけどなかなか伝わらないことのひとつなんですよ。

時代も進んで567とかワ○チ○騒ぎもあり、結構気付いてきている人が増えていてエネルギーの感じが違うので、今言ったら伝わるのではないかなと思ってお話しました。

人間関係・お金・健康のお悩みなどを解決!
メンタルブロックをご自身で外していただける無料解説動画をプレゼント中です^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。