Vol. 35 ハイアーセルフのお金の引き寄せ方とは

こんにちは一平ちゃん先生です。

 

そもそもお金というのは人間が作り出した便利な道具なんですね。元々は全ては共有で、この地球にあるものは全てみんなのものだったんですね。

 

しばらくすると所有の概念が生まれて、私のものとあなたのものを交換しましょうとなりました。便利な価値交換のための便利な道具としてお金ができたということなんですね。そして交換するためのアイテムそのものに価値があるように信用創造させられたというのがお金です。

 

ハイヤーセルフから見るとその物事をやりたいかやりたくないかっていう感覚しかありません。お金の引き寄せよりも面白そうやなあ楽しそうそれやってみたいなしかないんですよ。

 

お金がたくさん保有されていれば幸せだっていう価値観がそもそもないから、お金をたくさん持ちたいという願望がないんですね。それを引き寄せようという感覚そのものがないんです。とは言っても我々三次元を生きる自我の私からするとお金いりますやんとなるわけですよ。

 

ではどうしたらいいのかと言うと、ハイヤーセルフがやりたいことを実践するために必要な額のお金が動くという感じです。例えば釣りしようと思ったら、釣り釣具がいるじゃないですか。釣竿と釣り糸と餌とかルアーとか冷凍ボックスとか最低限のもはいりますよね。

 

それに必要な分のお金は絶対に回ってくるっていうことなんですね。必要なものが必要なだけ必要なタイミングで手に入るそのうちのひとつがお金だっていうことですね。コイン集めゲームをするためにコインを引き寄せるっていうのはハイヤーセルフ的にはないんですよね。

 

何かやりたい体験したいことがあるのでそれを体験するために、この人間社会に必要な分のお金だけが自分の手元にやってくるという感じです。

 

お金の引き寄せと聞くと保有量を増やすことだと思っちゃうんですね。そらそうですお金の保有量が多い方が幸せだって洗脳されてるから、お金が循環するとか道がひらけますみたいなことを言われたら保有量が増えることだと思っちゃいますよね。

 

でも本当はそうじゃないよってことですね。だってお金の保有量が多い方が幸せだというのは資本主義のいち価値観なんです。白人とかレプティリアンとか支配層が考えた価値観ですよね。

 

ハイヤーセルフはやりたいことをやれていることが幸せなんです。楽しいことをただやってることが幸せなので、お金の保有量は全然関係ないんですね。

 

一部の支配層みたいにお金集めゲームをすること自体がハイアーセルフが楽しいことだと設定していれば成立するかもしれません。しかしそれはあくまで一部の支配層の偏った価値観の中で成立しているものであって、僕たち一般庶民のレベル感で言うとあなたが楽しいことをしている時っていうのが一番幸せなんですよね。

 

ハイヤーセルフは楽しいことを引き寄せようとします。それに必要な分のお金が循環するという感じです。生涯あなたが扱うお金が1億かもしれない。あなたが楽しいことやるために必要なのが1億なら1億です。あなたが楽しいことをするために必要なものが100億だったら100億が循環してくるっていうだけの話なんですね.

 

そこに良いとか悪いとかないんですよ。その人に、あなたにとって楽しいこと面白いことテンション上がること幸せだなーって感じることを体験する。この三次元で体験するためにしていることが幸せであって、それに必要な道具が1億なのか10億円なのか100億円なのかの話でそこに上下関係はないわけです。

 

お金をたくさん保有している方が幸せだという一部の価値観を手放してください。そしたらやりたいことが見つかってくるし、その分のお金は勝手に循環してくるということです。これがハイヤーセルフのお金の引き寄せ方です。

 

人間関係・お金・健康のお悩みなどを解決!
メンタルブロックをご自身で外していただける無料解説動画をプレゼント中です^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。