Vol.33 ワンネスとメンタルブロック

こんにちは一平ちゃん先生です。

 

今僕はハイヤーセルフと話せるようになるセミナーの講師をしています。ですが根本的にメンタルブロックを外すという意味が分からないとか、メリットが分かっていない方がまだ多いと思っています。

 

その根本的なところを解説したいと思います。ワンネスというのは全ては一つということなんですけど、僕たちって何なのかと言うと意識なんですね。本来は意識でワンネスも意識です。ワンネスの意識が分離の世界を体験したいということで分かれて来ているんですね。

 

そして地球という星の三次元の領域に意識をフォーカスしたエネルギーが私たちなんです。意識をフォーカスするんだけど人間として一生を生きようと思ったらその周波数をコントロールする必要があります。

 

そして人間として生きる上でキャラが必要じゃないですか。まぁ僕だったら一平ちゃんというキャラが必要であなたはあなたのキャラがありますよね。性格的な個性、体型とか体格も含めてそうです。そのキャラ設定のためのデータをワンネスから持ってきているわけです。

 

三次元でキャラ設定することによって、人間として体験したり経験したり感情を感じるというゲームを楽しんでいるんですね。楽しいとかつらい悲しい面白いっていろんな感情がありますけど、どの感情もハイアーセルフやワンネスからすると基本的には面白いんです。

 

全てが体験であり経験で面白いんです。でも自我の私達にとっては楽しいとか嬉しいはよろしいけど、悲しいとかつらいとか苦しいとか裏切られたとか許せないとか孤独感とか罪悪感とか絶望感とかはしんどいじゃないですか。

 

でもハイヤーセルフからしたらその辛い方の感情も苦しい方の感情も一つの体験であって面白いというのは分かりますよね。それはワンネスが経験したかったんでしょう。でも僕達からしたら何ちゅうシナリオにしてんねんっていう話じゃないですか。

 

その感情の周波数が残ったままだと同じことを繰り返します。体験し終わっている周波数というのはいらないから手放すことができるんです。その体験をするために持ってきた三次元の周波数でネガティブな感情を引き起こす原因となっているものを僕はメンタルブロックって呼んでるんですね。

 

それを外すことによって繰り返しがなくなりますから、楽しい方とか嬉しいほど感情を感じやすくなるわけです。幸せを感じやすくなるんです。逆にその周波数が残っていれば苦しいとかつらいとかネガティブな感情を繰り返し感じるわけです。

 

本当は手放していいんですよ。でもそんなこと知らないじゃないですか、学校で習ってないし。そしたら繰り返すわけですよ。繰り返すというか引っ張る訳ですね。引っ張るというのは例えばご主人の気に食わないところがあったら一週間、一ヶ月も腹が立ったりしませんか?親の事を30年40年恨んでませんか?

 

襲ってくる孤独感とか絶望感を感じて、毎朝起きたらなんか知らんけど死にたいなと思うとか。そういうのも含めて常に潜在意識が引っ張られているわけです。でも本当は手放せるんですよ。

 

ワンネス的にはもう経験したら終わりなんです。感情がぽっと出たら終わりなんですよ。悲しいわと言って5年引きずってますというのはハイアーセルフ的にはもう終わっているんだけど、自我のあなたは手放せない訳ですね。経験して感じ切ったら終わりということなんですね。

 

ワンネスやハイヤーセルフからするとその感情を体験することが面白いんですよ。だから感情を感じきっていなかったら不完全燃焼なんですね。そうすると手放しにくいんです。だってまだ使ってるから不完全燃焼だったら終わってないでしょ。だから完全燃焼したらもういらんわと手放すことができます。

 

感じきるとはどういうことかというと、それはホンマにもうええわとか、もうどうでもええわと思えるくらいまで感じきるということなんですよ。

 

今まで僕が見てきたクライアントさんで不完全燃焼な方は、悩んでいるつもりなんだけど結構余裕があるんです。「こういうことがあってつらいんですけどどうしたらいいですか?こんなことがあって腹が立つんですけどどう思いますか?」と。

 

腹が立ってるとか悲しみを感じているんだけど、まだ感じ切ってないっていう感じなんです。頭でちょっと考えてどうにかできるんじゃないかなみたいな感覚なんです。

 

もちろん本人はめっちゃ悩んでるんだと思うんですけどやっぱり感情で感じ切っていないとことがあるんです。まだ不完全燃焼そんな感じで残ってるんですよね。まだその感情に対して向き合いきれていないのでブロックも外しにくいんですよ。

 

もうほんまによろしいわ、いつまでこれやんねん!みたいなぐらいまで感じ切ってたらパンと外せます。じゃあ外したブロックの周波数三次元の周波数はどこに行くのかと言うと、お役目を終えてワンネスに帰るんですね。そしたらもう繰り返さなくなるんです。

 

繰り返さなくなるというのはどうでもよくなるということですね。ご主人に対して腹が立つんだったら毎日腹立ってたのがもうええわともうどっちでもよろしいわという感じになるっていう。

 

例えば彼氏と別れて悲しみを感じるブロックが外れたらどうなるかと言うと、もうけろっとなるっていうか、次の人見つかるやろなみたいな。その人じゃなくても別にいいよね、みたいな感じで気にならなくなる。

 

彼氏と別れた悲しみというのを体験したハイヤーセルフがデータとしてワンネスに返しています。僕たちはもう全ては一つの存在でまここにはまゲームをしに来ています。それはいろんな三次元の分離の世界の体験をしたいということですね。

 

そしてジャッジから起こる感情というものを楽しみにしてます。それは感情は楽しんだら終わりです、引っ張る必要はありません。ずっとしがみつく必要はありません。いらんと思ったら手放していきましょう。

 

人間関係・お金・健康のお悩みなどを解決!
メンタルブロックをご自身で外していただける無料解説動画をプレゼント中です^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。