Vol.31 あなたは何者でもない 故に何者にでもなれる

こんにちは一平ちゃん先生です。

 

あなたはあなたの肉体が本体だと思っていますが、この世界はゲームです。実際はハイアーセルフという存在がいて、あなたはアバターなんです。

 

ゲームのストリートファイターで言えばケンとかチュンリーとか。ポケモンで言えばサトシとかポケモンかもしれません。そういったひとつの仮想空間上のキャラなわけです。

 

例えばあなたがプログラマーで自分で自由にゲームを作れると仮定してください。そしたらどんなキャラでも設定できますよね。自分でプログラムを組んでキャラ設定をすることができると思うんですよ。

 

この三次元の世界もそういった仕組みになっています。潜在意識にどういうプログラムを入れるかによってあなたのキャラは決まる訳です。

 

それが潜在意識の中にある固定観念やカルマ、トラウマだったりとかいろんな価値観が存在している訳です。だからそこを見つめていわゆる潜在意識の書き換えをすることができれば、キャラ設定が変わるわけですね。

 

そうするとあなたは何者にでもなれるということになります。こんな話をすると、「何者にでもなれるんだったらアメリカの大統領にでもなれるんですか?」ということを言われる方がいらっしゃいますが、それはなれないんですね。

 

何故かと言うとあなたは心の底からアメリカの大統領になりたいと思ってはいないんです。潜在意識の中で本当に思っていること、心の奥底から思っていることが現実化します。プログラムとして発動するんですよね。

 

表面的にに思っていることは発動しないようになっています。表面的に思ってることが発動するならばみんな一瞬にしてお金持ちになってるし、なんや言うたら人殺してるかもしれません。

 

でも実際はそんなことは起こってないですよね。いきなりお金持ちにはならないし、ちくしょうこの野郎殺してやろうと思ってもそれを行動に起こして殺人を犯す人はごく一部ですよね。

 

そういう風に表面的な思考とか感情で現実化というのは起こらないんです。じゃあ自分が思っていても奥底で思っていなかったら現実化せえへんから何者にもなられへんやんかと思いますよね。

 

だからこそ内観することが大切になってきます。潜在意識の中で自分がどう考えているのか、どういう観念を持っているのかを見つめることができれば、そして書き換えることができれば何者にでもなれます。

 

それは本当にそうしたいと思ったものになれるということです。自分は億万長者になるんだと言っている人ほど私なんかお金を持てるはずがないとか。お金持ちは悪いことや汚いことをしているから金持ちなんだとか思っているんですよ。

 

それが現実化して実際にはお金がないという人生になるわけですね。ほんまに億万長者の人は俺は億万長者になるとか言っていない。でも当たり前とは思っています。

 

大前提としてこの世界がゲームであり、僕たちはアバターでプログラムで動いている。マトリックスの世界みたいなもんなんだよっていうことです。

 

だからやりたいことをやってください。何でもできるし何をやってもいいわけだから、やりたいことをやってください。それをやりに来ています。ためらう必要はないし考える必要はないんです。

 

それが良いとか悪いとかそういう問題じゃないんですね。パッとやりたいなと思ったことがやりに来てることです。やりたいなと思ったことをやっている状態が何者でいたいのかという本来の姿です。

 

ありのままの自分という言葉がありますがそれはやりたいことをやっている自分です。社会的にこれがいいからとか親に言われたからとかこうしなければならないとか、社会のルールだという判断で行なっている時というのは自分を殺しています。本来の自分じゃないわけですね。

 

ありのままの自分とは?なんていうように考えてやることじゃなくて、ただただあなたがやりたいと思ったことをやっているその姿がありのままの自分です。それがあなた本来の姿なのです。

 

人間関係・お金・健康のお悩みなどを解決!
メンタルブロックをご自身で外していただける無料解説動画をプレゼント中です^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。