Vol.26 逆効果なアファメーションやってませんか?

こんにちは一平ちゃん先生です。

 

アファメーションってほんまに大事だなと思いますし、されている方結構多いですよね。クライアントさんの中でも心理学を勉強されている方だったりアファメーションを習っている方が多いんですよね。

 

話を聞く中で逆効果なアファメーションになっちゃっていることがあるかもしれないというのを感じたので、お話しようかなと思います。

 

まずアファメーションとはどういうものかということなんですが、ポジティブな言葉を言うことによって言霊の力で潜在意識の中に少しずつ入れていって潜在意識を書き変えていくということです。

 

具体的には「私はお金持ちだ」とか「私は成功する」とかそういったポジティブな断定的な言葉を言うという方法ですね。これ自体はほんまに素晴らしいと思うし僕も実際やってましたし、効果があるとは思います。

 

ですがメンタルブロックが多い場合には逆効果なこともあるかなと思っています。どういうことかと言うと潜在意識とか心というものを入れ物だとするとここに色んな記憶のデータが入っているわけです。

 

ワンネスから持ってきた記憶のデータが入っていて、ネガティブなものメンタルブロックだとかカルマと言われるものも入っている。この入れ物の容量というのは決まっているんです。

 

そこにアファメーションで「私はできる、私はできる」というのを入れたとしても、既に入れ物の中にゴミが溜まってるわけですよね。そうすると新しいものを入れようとしてもなかなか入らないですよね。

 

無理矢理新しいものをネジ込んだら、ゴミがぴょんって出てくるじゃないですか。ゴミというのはネガティブな感情なので、腹が立つとか悲しいとかそういった苦しい感じの感情が出てくるんですよね。

 

そうするとアファメーションをやればやるほどネガティブな感情が出てくるから、非常にやっている間は辛いわけです。やり続けてその中身がそっくり入れ替わるまでアファメーションできればもちろんすごいと思います。

 

でも日常生活に生きていてずっとつらい感情が出てくると、なかなか継続できないですよね。こんなに頑張って言ってるのに全然効果ないなとか、私の思考が全然現実化せえへんなとか、だんだんつらくなってきちゃうと思うんですよ。

 

実際にクライアントさんの中でもそういった声が多かったんですよね。その入れ物の中に既にあるゴミですね、ネガティブなものを先に出してあげるというのが僕は大事だと思ってるんですよ。

 

入れ物のごみを先に出してあげてからスペースに新しいものを入れればいいじゃないですか。特に結構大きいメンタルブロックっていうのは、イメージで言うと入れ物の側面にこびりついているので、先に取ってあげてすっきりさせてからアファメーションを入れていくのが入りやすいですね。

 

スペースがあるからアファメーションが入る。これは僕が今までやってきた感覚というか経験則で、色んな考え方があると思うんですけど僕はそっちの方がいいんじゃないかなと思っています。

 

アファメーションって結構外国の人の発想だからそういうの得意なんだと思うんですよね。ポジティブな言葉で言え!みたいな感じでやるの得意だと思うんですけど、多分日本人って”片付け”の方が得意だから多分ネガティブな感情を先に整理した方が効果があると思うんですよね。

 

部屋の片付けと一緒だと思うんですよ。今部屋を見渡して部屋を模様替えしたいなと思ったら、まずゴミを捨てて古い家具を処分して新しい家具を入れますよね。今の状態にいきなり新しい家具を入れたら無茶苦茶になりますよね。

 

先に整理整頓してごみを放して片付けてから新しい綺麗なものを入れたらいいじゃないですか。多分これって万物の法則だと思うんですよ。

 

人間の体だって先に息を吐いて吸うんですよ。まず先に出す。出した反動で入ってくるっていうか。

 

そうするとハイアーセルフからのメッセージとして言葉がひらめいて勝手にアファメーションのような言葉が来るんじゃないかなと。言霊の力もプラスされれば潜在意識が書き換わって結果現実化するのではないかと思います。

 

今このブログを見られてアファメーションをめっちゃ一生懸命頑張ってますという方で、この話を聞いてそうやなと思った方は、メンタルブロックを外すことにも興味持っていただければなと思います。

 

人間関係・お金・健康のお悩みなどを解決!
メンタルブロックをご自身で外していただける無料解説動画をプレゼント中です^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。