Vol.24 人生に普通なんてない

こんにちは一平ちゃん先生です。

 

我慢と普通ってリンクしていると思うんです。人間は感情の生き物なので嬉しいとか楽しいとかポジティブな感情も感じるし、悲しいとか腹が立つとか孤独感とか無力感とかネガティブな感情というのも感じるようにできています。

 

ネガティブな感情は感じると辛いですよね。だから感じることそのものを拒否している方がいるんですね。腹を立てちゃいけないとか、怒っちゃいけないとか。そういうのを良しとしない道徳感みたいなものがありますよね。

 

そうすると腹を立てたりしても、それを抑え込んで我慢するということですね。感情に蓋をしてしまっている状態なんです。

 

でもそれは同時にポジティブな感情も抑え込んでしまっています。ハイアーセルフから見るとネガティブとかポジティブの区別がないんです。嬉しいっていう感情の揺らぎも寂しいっていう感情の揺らぎも、その感情を体験するっていう意味では変わらないんです。

 

ネガティブな感情に蓋をすると全部が蓋をされちゃうわけです。そういう方に「悩みはありますか?」と聞くと大体の方が「普通です」って答えるんです。

 

本来は人間関係とか人生に普通とかないんですよ。ハイアーセルフがわざわざこの肉体のアバターを持って色んな体験をしに来ているわけです。だから喜怒哀楽を感じたり物質世界、分類の世界を体験したいから必然的に人生がドラマチックになる訳ですよ。

 

何もない人生にはなりません。もしあなたが映画の脚本家だったとしたら、ドラマチックに書きますよね。一回盛り上がったけど挫折があって、そう思っていたらいい人に出会って成功していくみたいな脚本ですよね。

 

どんな人の人生もそうなるように設計してきています。なのでハイヤーセルフの設定に対して、シナリオに対して普通ですと言っているということは、感情の波やそのストーリーを全く体験してないということになります。

 

自分でずっと暗い道を歩いているような感じなんですよね。何が言いたいかというと感情を本当に感じきってほしいしんです。人間社会でネガティブと言われている腹が立つとか悲しいとかそういった感情も必要だから感じているわけです。

 

さっきのドラマチックな話でいうと、落ちたところがあるから盛り上がるわけじゃないですか。そこに面白みがあったり、ワクワクがありますよね。

 

人生を普通にしたり、人間関係を普通にしたりするのはもったいないということが言いたかったんです。本来のあなたハイアーセルフが設定したシナリオを楽しんでください。

 

あなた自身が自分で設定してきたんです。あなたが設定してきたドラマ、サクセスストーリーなのかホームドラマかもしれません。どんな映画かは分かりませんが必ずストーリがあるはずです。そのストーリーを楽しんでください。

 

あなたの人生は普通のシナリオではないはずです。ポジティブな感情もネガティブな感情も思い切り感じきって人生をドラマチックに楽しみましょう!

 

人間関係・お金・健康のお悩みなどを解決!
メンタルブロックをご自身で外していただける無料解説動画をプレゼント中です^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。