Vol.9 幸せってなんだっけ?

こんにちは一平ちゃん先生です。

 

今回は幸せってなんだっけ?という題名でお話しさせていただきます。

 

”幸せって何だっけ”って明石家さんまさんの歌であったんですけど、いつやったのかなあと思ってちょっと調べてみると・・・最初は1986年ですね。だいぶ前ですけどこんな歌がありました。

 

これってほんまに核心をついてるなと思うんですよね。どういうことかと言うと、幸せってこういう状態が幸せですというのはないんですよね。

 

何となく分かると思うんですけど、こうなったら幸せという定義がないんですよ。何故かと言うと幸せというのは、なるとかならないとかじゃなくて感じるものだからです。

 

これは潜在意識を考える上でめちゃめちゃ大事なことです。外の世界、三次元の世界がある特定の状態になったから幸せになるというものではないんですよ。

 

外の世界がどんな状態であったとしても、幸せだと感じることが幸せなんですね。だから幸せって何だっけ?ってそりゃそうなりますよ。何とかないので。外の現象の問題じゃなくて、自分の心の中の問題だっていうのを言ってる訳ですね。

 

これさんまさんがそこまで考えてたか分かんないですけど、あの人ねやっぱりトップオブトップだけあって何かを感じてたんでしょうね。生きてるだけで丸儲けって言っているし、感じることだってことなんですね。

 

今回言いたかったのは何かと言うと、幸せになりたいとか幸せにしてくださいとか、あなたを幸せにしますとかいう言葉あるじゃないですか。あれはもう全く的を得てないというか、幸せというのは本人が心の中で感じることなんです。

 

他者からの何らかの影響で幸せになるという状態はないんです。あなたを幸せにしますというのもないですね。

 

それは本人の心の中の問題だということなんですよね。

 

例えば「1億円あったら幸せです」という方がいらっしゃったとして、本当に1億円あったらその瞬間は喜び、嬉しいという感情になり、短絡的な幸せは感じるかもしれませんが、それは実はお金をたくさん所有することができたという達成感なのです。

 

それと幸せというのは結び付かないんですよ。だってお金がたくさんあっても幸せそうな顔してる人が居るのかと言ったら別にそういうわけじゃないじゃないですか。

 

うちの国の政治家を見てみてくださいよ。みんな1億円以上持ってます、余裕で。でもなんかしんどそうな顔してますよね。

 

逆にホームレスの人の方がニコニコしてる場合もありますよ。ホームレスの人をバカにしてるんじゃないですよ、お金というものを所有してなくても別に幸せを感じている人はたくさんおられます。

 

つまり幸せはこういう状態になるっていう三次元の話じゃなくて、ああ幸せだなあって感じる五次元の話なんだということなんですね。

 

幸せを追い求めても幸せにはならないとよく言われるのはそれはそういうことですね。あなたの心の中にあったという話です。

 

幸せが何かって幸せとは何かと巷で議論されてますけど、答えなんか出るはずないですよね。幸せはなるものではなく感じるものですから。幸せになりたいと言うてる時点で全然方向違いますから。なるもんじゃないんですよ、感じるものなんです。

 

じゃあなぜ感じられないのかということですよね。それはあなたの潜在意識の中のメンタルブロックなんですよ。

 

ブロックと言うと分かりにくいけれど、いらない観念です。ジャッジをする観念がたくさんあるんですね。これが良いとか悪いとかあれがダメとかこれが素晴らしいとか。ジャッジの観念がいっぱいあればあるほど自分を縛っていきます。

 

そうすると条件が厳しくなってくるので楽しくなくなるし、常に辛いということになるわけです。

 

そうすると幸せを感じにくくなります。そのジャンルの価値観というものをどんどん手放せば良い・悪いという判断がなくなってくるので、あなたの心がどんどん楽になってきます。

 

人を裁かないし、自分も裁かない。すごく楽ですよね。そうすると幸せを感じやすくなってきます。

 

最終的にはブロックを外し続けると自分のハイヤーセルフと意識が近づいてきます。

 

常に幸福感というか至福の感覚があるという感じです。良い・悪いのジャッジを超えたその上の意識につながるというか近づくという感じです。五次元の幸せですね。

 

今回の話は幸せって何だっけ?ということで、幸せというのはなるものではなくて感じるもの、心の中にあるものですよということをお話させていただきました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。